デキる男の雑談力!!雑談はコツと経験で何とかなる

デキる男は雑談に困らない

デキる男は仕事ができるだけでなくコミュニケーション能力も高いです。

人間関係構築に効果的な方法として「雑談」が挙げられます。

この「雑談」は実はコツと経験で何とかなると言えば興味わきませんか?

デキる男は雑談力が高いですが、実はコツと経験を上手に生かしている場合もあります。

今回はその雑談力に関するコツや考え方を解説します。

ぜひ参考にしてください。

デキる男にも雑談が苦手な人がいます。

実は雑談には「コツ」があります。

この「コツ」さえ押さえれば雑談を恐れる必要がないのです。

デキる男の雑談のコツと考え方

デキる男は雑談のコツを押さえています。

雑談はコツさえ押さえていれば違和感なく対応できます。

それらのコツと考え方を解説するので参考にしてください。

会話のラリーのみ気を付ける

雑談は実はおもしろくしようとしなくて良いです。

あくまで会話のラリーを続けることに気を付けましょう。

とにかく会話のラリーが続けば、それで問題ありません。

気持ちをやりとり

雑談では情報交換は必要ありません。

話の内容に深い情報がなくても問題ありません。

気持ちをやりとりできるとOKなので、できる限り気持ちを伝える努力をしましょう。

エピソードや経験談を話す

雑談では時事ネタは基本的に必要ないです。

もちろん相手から話てくれば合わす必要があります。

基本的に話す際には自分のエピソードや経験談を話すようにしましょう。

肯定して共感

雑談での相手への反応として、否定やアドバイスはしないように心がけましょう。

大切なことは肯定と共感です。

肯定と共感は相手にとってうれしい反応なことが多いので、相手がどんどん話す流れとなるため、雑談が楽になります。

大きなリアクション

雑談中には相手の話に対して質問やあいづちは必要ありません。

必要なのは大きなリアクションです。

質問やあいづちは相手の話の腰を折ることになるので、しっかりと聞いていますよと言う意味を込めて大きくリアクションするようにしましょう。

会話が途切れたら自分の話題

会話が途切れてしまったときは何でもよいから別の話題を探すことも良いですが、自分の話題でつなぐことが良いでしょう。

ただ思い立った別の話題だと、すぐに話が終了する可能性があります。

そこで自分の話題だとある程度、話をつなげられることがメリットとなります。

切り上げるタイミング

雑談は長すぎるのも問題であるため、ある程度で切り上げる必要があります。

切り上げるポイントとしては、「ありがとうございました」などと言った言葉で仕切る方法が効果的です。

デキる男が雑談で困ったときに使えるコツ

デキる男が雑談中に困ったときに使えるコツを解説します。

このコツを押さえておけば、もしもの時も安心です。

共通の興味を探す

雑談で流れに中々乗らない場合は、共通の興味を探すと良いでしょう。

お互いが共感し合えるモノを見つけたときの快感は計り知れません。

それゆえに雑談での共通の興味探しは有効的でしょう。

相手に話さすことが良い

雑談では無理にこちらが話し込む必要はありません。

可能であれば、全て相手側に話してもらっても良いです。

会話の節目に上手くあいづちやリアクションを挟めば問題ないでしょう。

なんでも共感しよう

雑談は流れが大切です。

とりあえずなんでも共感することがコツです。

実は全く違う意見であっても共感することで話が進みます。

もちろん大切な仕事に関わることであればそのような対応は危険ですが、あくまで、当たり障りのない会話、雑談なので、問題ないと判断します。

相槌よりも褒める方が効果的

雑談中はあいづちやリアクションを多く活用しますが、さらに効果を求めるなら褒めることが効果的です。

「さすがですね!!」「いいですね」なんて言葉を盛り込んでいくと良いです。

さらに何が良かったのか具体的な理由を盛り込むとより信ぴょう性が高まるでしょう。

意見を求められたときの対応

雑談で意見を求められたとき、どうしても困ることがあります。

その時は「一般的には、、、ですかね、、、」のように少しにごした感じで返答しましょう。

ビジネスの世界での立ち位置

ビジネスの世界、特に客先との雑談では、対等ではなく教えてくださいと言うスタンスできくと楽に話が進みます。

人は自分の知っていることをアウトプットすることが好きな傾向なので上手く活用しましょう。

まとめ

デキる男は雑談力が高いですが、実はコツと経験を上手に生かしている場合もあります。今回はその雑談力に関するコツや考え方を解説しました。

それでは一度振り返りましょう。

 

〇デキる男の雑談のコツと考え方

  • 会話のラリーのみ気を付ける
  • 気持ちをやりとり
  • エピソードや経験談を話す
  • 肯定して共感
  • 大きなリアクション
  • 会話が途切れたら自分の話題
  • 切り上げるタイミング

〇デキる男が雑談で困ったときに使えるコツ

  • 共通の興味を探す
  • 相手に話さすことが良い
  • なんでも共感しよう
  • 相槌よりも褒める方が効果的
  • 意見を求められたときの対応
  • ビジネスの世界での立ち位置

雑談はセンスや能力が影響することもありますが、基本的には「コツ」でなんとかなります。

雑談が苦手な人も「コツ」さえ掴めば心配する必要がありません。

まずはこの記事での内容を実践することをおすすめします。

デキる男は上司から頼られる!誰でもできる上司に好かれるコツを解説
頼られる男はデキる男 デキる男は誰からも頼られます。もちろん上司からも。 もし苦手な上司がいても、ふところに入って頼られる存在になれば仕事が楽になることが間違いありません。 そしてデキる男と評価される方法としては頼られることが...

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

にほんブログ村ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました