デキる男が押さえておくべき最低限のビジネスマナー10個!

MIND

デキる男はビジネスマナーも完璧

デキる男は仕事ができるだけではなくビジネスマナーを押さえています。

近年、マナーに対する重要度が下がってきている印象を受けますが、ビジネスマナーの基本を押さえておくことで失礼のない対応が取れます。

つまり、社内だけでなく客先においても恥ずかしくない行動を取れるでしょう。

今回は、デキる男が押さえておくべき最低限のビジネスマナーを詳しく解説します。

ぜひ参考にしてください。

ビジネスマンとして最低限押さえておかなければいけないマナーがあります。

デキる男ならなおさらです。

今回は、これだけ覚えていれば問題ないと言う10個のマナーを解説します。

ビジネスマナーとは

ビジネスマナーとはビジネスにおいて最低限身に着けておかなければならない礼儀や作法を指します。

名刺交換から電話の対応、言葉遣いなど様々なルールがあるでしょう。

大手企業であれば新人研修でビジネスマナーが叩き込まれますが、それ以外の環境では自分で学ぶしかありません。

ビジネスマナーが得意でない方は、選りすぐりの10個の大切なマナーを解説するので覚えましょう。

デキる男が押さえておきたいビジネスマナーの基本10選

デキる男が押さえておくべきビジネスマナーを10個に絞り解説します。

この10個のポイントを覚えれば恥ずかしくない行動ができるでしょう。

それでは解説していきます。

服装について

服装についてはスーツであれば基本的に問題はありませんが、細かな部分を解説します。

スーツの色はあまり派手な色は好ましくないので、黒、グレー、紺あたりが問題のない色合いとなります。

あとは清潔感を重視するのでスーツやシャツがヨレヨレにならないように気をつけましょう。靴はしっかりと磨いてから履くようにすること。

服装は第一印象に関わる部分なので力を入れるべき部分でしょう。

デキる男は足元にこだわる!靴のこだわり方からお手入れの仕方を解説
デキる男は靴にこだわる! デキる男は身なりに気を付けますが、特に足元へのこだわりは大切にしています。 オシャレは足元からと言われるぐらい足元への気配りは一般的にも重要視されているでしょう。 もし足元に気を配り、キレイな靴を履い...
デキる男はスーツが似合う!スーツの着こなしにこだわれ!!
デキる男はスーツが似合う! ビジネス界において、どんどんとオシャレを重視した着こなしが人気となり、スーツの着こなしの幅が増えてきています。ジャケパンスタイルは当たり前、中にはジーンズと合わせたりと働く環境にもオシャレは必要不可欠。 ...

気を付けるべき言葉遣い

言葉遣いは自分がどのような人間なのかを理解してもらうための指標となります。

それゆえに横柄な言葉遣いだと「いい加減な男」と判断されます。

しかし、しっかりとした言葉遣いだと「デキる男」だと評価されるでしょう。

目上の人は当たり前ですが、全ての人にしっかりとした言葉遣いで対応することが大切です。尊敬語と謙譲語の使い分けはもちろんしっかりとおさえましょう。

◆言葉遣いで便利なフレーズ

  • 承知しました(わかりましたの意味)
  • 恐れ入りますが(目上の人への敬意を表す)
  • お手数ですが(相手へのお願いする場合に使用)

名刺交換の方法

名刺交換は相手と初めて会ったときに行うものです。

それゆえにマナーを遵守した状態でスムーズに交換しないと印象が悪くなります。

◆名刺交換の流れ

  1. 名刺入れを用意する
  2. 名刺入れに名刺を載せる(この時名刺入れの折り目は相手側に向ける)
  3. 自己紹介をする
  4. 右手で名刺を渡す
  5. 左手で名刺を受け取る
  6. 名刺を受け取り次第、「宜しくお願い致します。」
  7. 着席する場合は、名刺入れの上に相手の名刺を置いて商談開始

挨拶の仕方

挨拶はビジネスの世界でも大切です。

大切なポイントはできる限りこちらから進んで挨拶するようにしましょう。

元気に挨拶すれば人間関係も悪くなることはありません。

単純なことですが、人間関係構築には大切なことです。

電話対応方法

電話対応は業務を行う中で、多くの人が対応するものです。

客先への電話対応をする中で失礼があれば会社自体の印象を悪くしてしまうので大切な業務でしょう。

◆電話対応のポイント

  • 電話がかかってきたら3コール以内に取る
  • 遅れたら「お待たせしました」とお詫びする
  • 電話の第一声は「お電話ありがとうございます」「お世話になります」と挨拶する
  • 「もしもし」は使わない
  • はっきり元気に話す
  • メモは忘れずに
  • 電話をかけた側が先に切る
  • 電話を切る際は受話器をゆっくりとおくか、手でフックを押して切る

お辞儀の仕方

お辞儀一つとってもキレイにできれば「デキる男」だと評価される可能性がある動作です。

軽いお辞儀程度の会釈でも立ち止まってゆっくりと頭を下げるだけで印象が変わります。

一番深いお辞儀の場合は、体を45度まで曲げて深々とお辞儀をすることが大切です。

ポイントはゆっくりと丁寧にすることで心意気が伝わるはずです。

決して手を抜かないようにしましょう。

ビジネスメールのマナー

今やビジネスにおいてメールは必要不可欠です。

ビジネスメールにおいてもマナーが存在します。

気を付けるべき点はしっかりと抑えましょう

  • 社名は「株式会社」省かないこと
  • 名前の継承は「様」
  • 役職名は極力記載
  • 「お世話になります」で始まり、「以上、よろしくお願い致します。」などで締める
  • 文章はわかりやすく端的に記載すること(箇条書きなどが効果的)
  • むやみに顔文字などはいれない。

仕事とプライベートを分ける

当たり前ですが仕事とプライベートはきっちりとわけるようにしましょう。

仕事中にプライベートの話を持ちこむのは良くないし、上司や部下と話し込むのも良くないでしょう。

どうしても話たいのであれば業務外に話すことをおすすめします。

デスク周りの整理整頓

仕事中のデスク周りはその人の仕事の仕方が現れます。

つまり、汚ければ仕事自体も乱雑になっている可能性があるし、キレイであればきっちりと仕事をこなしてくれる印象を与えます。

デスク周りは常に整理整頓しておく方が良いでしょう。

上座と下座

仕事をしていく中で上司と行動を共にすることは必ずあります。

その時には最低限のマナーである上座、下座のルールを覚えておきましょう。

◆部屋に入る際

トビラの前までは先頭で歩いて良いが、部屋に入る際は上司に入り口を譲り奥へ誘導する。

部屋を出る際も同じように入り口の前で先に退出してもらうようにしましょう。

◆エレベーター

先に乗り込みボタンの前に立つこと。

出る際は上司に先に出てもらうようにしましょう。

まとめ

今回は、デキる男が押さえておくべき最低限のビジネスマナーを詳しく解説しました。

知っているだけでも行動に差がでるので、今回ご紹介した10個のマナーはしっかりと抑えるようにしましょう。

最低限のマナーさえ押さえておけば大きな失態もないでしょう。

逆にきちんとしていることで「デキる男」としての地位を勝ち取れる可能性もあるので、ぜひ参考にしてください。

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

にほんブログ村ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました